駅近でもデメリットはあるの?築浅も注意が必要?

駅近物件のメリットとデメリット

賃貸物件の中でも人気があるのが駅近物件です。駅から徒歩5分以内ならかなり便利ですし、10分以内ぐらいでも生活への支障はないでしょう。そのために駅近を優先順位の中でも上位に持ってくる人が結構います。まずメリットは駅にすぐに行けるので通学や通勤がしやすくなるでしょう。また駅周辺には買い物をする店や飲食店が多いので、それらを利用するのも便利と言えます。一方で駅近ならではのデメリットもあるので認識が必要です。駅近だと鉄道が近くを走るので、走行音や駅の放送の音などがうるさく感じるときがあります。私鉄はまだしもJRは深夜に貨物が走行するため音が気になるときもあるでしょう。駅の近くはお店などの照明が明るく、窓の外の明るさが気になる可能性があります。

築浅物件のメリットとデメリット

賃貸物件の中でも人気があるのが新築や築浅で、新築であれば誰も使っていない部屋を一番最初に利用できます。設備なども最新なので、住み心地は最高と言えそうです。ただ新築物件は賃貸物件全体の中では少なくなるので、新築にこだわり過ぎるとなかなか見つからないので注意が必要でしょう。築5年以内の築浅ぐらいであればそれなりに見つかるので、新築にこだわらない方が良い時もあります。新築や築浅はメリットが多そうですがデメリットもいくつかあります。デメリットとしては他の物件に比べると賃料が高めになる点でしょう。その他コンクリートが完全に乾ききっていないと結露が出やすくなるときがあるのでそれを知った上で契約しなければいけません。

恵庭市は札幌市と千歳市の間に位置しています。恵庭市には千歳線の駅が4つあり、札幌市側から島松、恵み野、恵庭、サッポロビール庭園駅です。恵庭の賃貸なら恵庭駅周辺が施設など一番充実しているので便利です。