在来工法のメリットは何?在来工法以外も検討してみよう!!

間取りを自由に取りやすい在来工法

建物を作るとき、形の違う部屋をたくさん作りたいときもあれば集会場などのような一部屋しかないタイプもあるかもしれません。一般的な家族が家を作る時には家族に合わせた家が必要で、できれば色々な用途に合わせた部屋がいくつか作れる方がいいでしょう。注文住宅を建築会社などに依頼すると要望に合わせて設計をしてもらえますが、通常は在来工法による設計になり柱を組んでその柱の間に壁を取付ける建て方です。比較的自由度の高い住宅を建てるのに向いていますが、その代り柱の数によって耐震性が弱くなるときもあるので注意が必要です。建築基準法で一定の耐震性が得られるよう求められているので、在来工法でも地震に強い家造りが可能と言えるでしょう。

間取りよりも耐震性を重視して作る

日本の住宅の多くは在来工法と呼ばれるタイプで、柱を立ててそれを中心に組んでいきます。決して耐震性が良いと言えないためにその対応として柱を多くしたり、筋交いをするなどして一定の耐震性が得られるようになっています。他にもいろいろな工法がありそちらは在来工法よりも耐震性が高いので、より耐震性を求めえるなら他の工法も検討しましょう。まずあるのがツーバイフォー工法で、柱を使わずに壁を組み合わせて作っていき部屋が一つのパーツになっていてそれを必要に応じて組んでいくので建物は倒れにくくなるでしょう。しかし自由な間取りを取るのが難しくなります。鉄筋や鉄骨を使う工法も耐震性はアップするものの、規格以外で作るのが難しいので間取りの自由さが減るのが難点です。

希望する土地に家を建てることが出来る、自由な間取りで外装や内装にこだわることが出来る、ライフスタイルにぴったり合った住環境をつくることが出来るなど、愛知の注文住宅には様々なメリットがあります。