今便利なだけではだめ!便利すぎる立地にも注意!

将来も見据えた立地選びが必要

子供が小学校に入学する前にマンション購入を考える家庭もあるかもしれません。親の転勤で転校するのは仕方ないものの、マンション購入のタイミングで転校させるのは少しかわいそうです。となるとマンション選びの時も子供が通学しやすい立地を候補として探したりするでしょう。立地選びにおいては、まず今の段階での住みやすさを考慮する必要があります。ただそれだけでは問題もあります。新築ならこれから数十年住む可能性があり、数十年後に住みやすいかどうかも考えないといけません。学校に近いだけだと、子供が卒業してしまえばあまり魅力のない立地になります。都市計画などの情報も交えながら、将来も住みやすい立地の物件を探すようにしましょう。

あまり便利すぎるがゆえの問題点

ある駅周辺の再開発が進み、その中には多くのマンション建設もありました。十年前とは駅前の様子がガラッと変わり、人の流れも一変したようです。元々複数路線が乗り入れる駅で利便性のいいところでしたが、マンションがたくさん建設されたために多くの人がその駅を利用するようになりました。人気のある立地なのでマンション価格も高くなっていますが、通勤族の人には必ずしも快適とは言えない状態のようです。駅が改良などすれば利便性が良くなるのでしょうが、周辺の再開発が先で駅は後回しのようです。せっかくいい立地に住めたと思っても、通勤が辛くてはあまり住み心地がいいとは言えないかもしれません。便利すぎて住みにくくなるケースも考えて選びましょう。

宇都宮のマンションの賃貸物件における賃料は、1万円台から40万円台までで、かなりの幅があります。単身者向け物件は4万円から5万円前後、ペア向けは7万円前後、家族向けは9万円前後が平均的な賃料です。