本当にワンルームで大丈夫?収納の観点から考えてみよう

一人暮らしならワンルームで良いかはよく考えよう

ワンルームマンションは比較的家賃が安く、単身者向けのものが多いことから一人暮らしをするのに適しています。比較的面積を広くとってあって、開放感のあるワンルームマンションも多くなりました。しかし、生活をする上で本当にワンルームの間取りで良いのかはよく考えた方が無難です。一つの部屋で全ての生活をすることになるのがワンルームの特徴で、料理や洗濯なども全て同じ部屋でしなければなりません。広そうな部屋に見えて、やらなければならない家事がたくさんあることから意外に狭いと住み始めてから感じることも多いのです。そして、より切実になりやすいのが収納の問題です。

ワンルームは収納に気をつけよう

ワンルームの間取りになっていると余分な部屋はありません。一人暮らしの人がしばしば2Kの部屋を選び、部屋の一つを収納として使ってしまうことがあります。部屋が余分にあれば収納としては少なくとも使えるので便利なのは事実でしょう。逆に、ワンルームの場合にはこのような方法で収納を確保することはできません。収納が足りなかったら部屋を狭くしてタンスや棚などを置かなければならないでしょう。押し入れなどが付いているワンルームの場合にはいくらかましですが、それすらもないケースもしばしばあります。部屋を広くするために収納を省いてしまっているのです。人によって必要な収納の面積にも体積にも違いはあるので一概には言えませんが、本当に必要な収納があるかは確認した方が良いでしょう。

札幌中央区の賃貸物件の中で、札幌駅南口に広がる大きな繁華街内の物件に関してはかなり割高です。そのため、通勤・通学に影響がないなら中央区の市街地エリアの端のほうで探すのも手です。